面倒な遺産相続トラブル|弁護士を雇うことでスムーズに解決

裁判

収益向上と数字管理

女性

岐阜県で飲食店を経営するにあたって、その収益を向上させるために税理士を雇いましょう。税理は経営に関して様々なアドバイスを行ない税金や会計に関しても安心して任せることが可能です。

View Detail

確実に取り戻せる過払い金

男性

静岡県にお住まいの方でも過払い金という言葉は耳にしたことがあるかと思います。過払い金はローンやクレジットのキャッシングの際に発生する金利で、グレーゾーン金利と呼ばれるものをいいます。過払い金は司法書士事務所などに相談することで取り戻せます。

View Detail

相続案件での弁護士費用

弁護士

遺産相続というのは大きな金額が動くことなので身内であってもやはりトラブルは起きてしまうものです。そういったトラブルが起きてしまった場合には弁護士を雇うといいでしょう。弁護士に依頼することによってより公平に正しく遺産を分割することができ、トラブルが激化することもないはずです。
こういったトラブルで弁護士を雇う際に掛かる費用は大きく4つに分けることが可能です。まず、着手金と呼ばれるものでこれは依頼を受けその案件に着手する時点で発生する費用です。この費用はどういった結果になっても返金されることはありません。次に相続金です。相続金は案件の解決後に支払う費用で依頼主がこの案件で相続できた回収金額の何%といった金額を支払う必要があります。しかし、全面敗訴した場合にはこの費用は発生しません。次に、遠方の弁護士を出張させ雇った場合には日当を支払う必要があります。最後に手数料です。この手数料は案件に関わるうえで作成する書面や調査の際にかかる手数料です。また、相続の際に身内で行われる遺産分割協議の代理交渉の時点から弁護士に依頼することができます。遺産分割協議というのは身内同士での争いが起きる最初の場といってもいいでしょう。ここから弁護士を介入させる場合、着手金として約20万円から30万円支払う必要があります。その結果、正しく遺産を分割できた際には先程あげた報奨金を支払う必要があり、旧弁護士会報酬規定では回収金額が300万円以下だった場合にはその16%、300万円から3000万円の回収金額だった場合にはその10%+18万円、3000万円から3億円だった場合にはその6%+138万円を支払う必要があると規定されています。

遺産相続トラブルの内容

弁護士バッジ

東京で遺産相続をするにあたって、争いが起きたが弁護士に相談すべき内容なのかどうかわからないといった人は少なからずいるでしょう。弁護士に相談すべき内容を把握しておくことで早い段階での弁護士の介入が可能になるでしょう。

View Detail